第五セット4ゲーム目。見応えのある攻防

第五セット4ゲーム目。見応えのある攻防をティアフォーが無理をして30-40ブレイクポイント。そこで解説の村上さんの言う通りティアフォーが甘いドロップショットを打ってしまってフェデラーブレイク。まずはここで明暗が分かれたと思う。